月別アーカイブ: 2022年4月

我が子がいじめられてるかも?子供からのサインを見逃すな

子供がいじめられている場合に、具体的なサインも出やすいので日頃から注意して我が子の様子を観察しておいてください。
特に共働きで帰りが遅い親は
子供が部活や塾で家を空けていることも多く
親子が接する時間も少なくなりがちです。

ですから顔を合わせた時にはしっかりと気持ちを剥けていないと子供の変化にも気づきません。
「苦しくて苦しくて、もう死んでしまいたい」
そんな風にまで追い詰められて子供が朝起きて元気に「おはよう」と挨拶して朝ごはんもバクバク食べているなんてことはなかなかありません。
まあ、親の前では元気な素振りを演技する子供も少なからずいるので一概には言えませんが、多くの場合は子供からなにかしらのサインが出ているはずです。

子供からのサインを見逃さないチェックポイント

家庭での子供の何気ない仕草にも子供がいじめにあっているかどうか?
発見するのに役立つポイントもあります。
・食欲gは無い
・よく物をなくす。
消しゴム、鉛筆、ティッシュ、筆箱、下敷き、上履きなど
・ノートや教科書に本人以外の落書きがある
・ランドセルやバッグにきずがある。
・服に靴跡がついている。
・あげたお小遣いがすぐになくなる
※買った物をみせない、教えない
・朝に微熱や不屈などを訴えて登校したがらない。
・なんとなくイライラしている。
・顔や背中や太ももにあざがある。
・ランドセルの中にゴミが入っている。
こんなサインがひとつでも見つけたら冷静に子供と向き合いましょう。

イジメられているかもしれない子供への声かけ

親が「なにかおかしい?」と感じていても、子供に真正面から聞いても決して答えてはくれないでしょう。
そんな場合は、遠回りして質問することをおすすめします。
茶問えば
「◎◎はどうしてるの?」
「▲参加うはどうなの?」
この場合、「はい」「いいえ」では答えられない質問をするのがコツです。

持ち物に傷が落書きがあったり、服が汚れている場合に
「どうしたの?」よりも
「なにかあったの?」と聞く方が子供は答えざるおえなくなります。
ソラノメ 口コミ

歳をとっても自分の足で歩き続けるために

ひざ痛は高齢者なら誰も持っていおる悩みです。
だれdめお歳をとれば膝が痛むものなのです。
しかし、施術しなければならないほどのひどい膝痛(変形関節症など)でもない限り、その治療は湿布を初程度の温存療法しかありません。
ですので高齢者の膝痛はずっと付き合っていかなければならないものです。
ですので、この膝痛と上手に付き合っていくには気を付けなけれbなならないことがあります。

まず膝痛には、「無理は禁物」だが「過保護」でもいけないということです。
膝痛の改善には運動療法が効果的です。
膝のまわりの筋肉を強化することやひざへの負担を減らすダイエット原料のために運動は欠かせないのです。
しかし、。膝がいたっからと言って運動をするのが億劫になる方が少なくありません。
すると運動不足がますます膝痛を悪化させる悪循環にもなります。

このあたりんぽ塩梅(あんばい)が難しいのです。
膝痛には運動がいい
だからといって無理をすれば「変形膝関節症」の変形が進んでしまいます。
しかし運動をしないと膝まわりの筋力も低下して膝痛が進みます。
ですのでこのあたりのさじ加減は自分で行うしかないのです。

膝痛も長く付き合ってくると
・こうしたら痛む
・こうしたら楽になる
というコツがわかてきます。
冬場の寒い時期に冷えてくると痛む。
なら寒い時期は温感サポーターの活用やお風呂でゆっくり温めてもいいでしょう。

さらに無理のない運動やストレッチです。
特にストレッチで膝関節の可動域を少しずつ人下ていくことも大切です。
歩くことや走ることは特に膝関節への負荷が大きいこともあります。
スポーツジムに通っている人ならば自分汚体重の負担が大幅に少なくなるプールでの歩行はおすすめです。
さらには自転車マシンでの運動も膝には負担をかけません。

恒例のい方ならばそこまでできないかもしれません。
それなら、ただその場で足踏み運動をするだけdめおOKです。
毎日習慣化できれば足腰の老化も防止できます。
おばあちゃん 足が悪い プレゼント

驚くほど精巧でデリケートなのが耳の構造

耳ってどんな構造をしているのか?
あまり気にしたことがない方がほとんどでしょう。
実は耳って驚くほど成句でデリケートな構造をしているのです。
これがわからないと、「難聴」など「耳の聞こえ」の仕組みも分かり難くなります。

耳の構造は大きく3つ

耳には大きく3つに分類できあmす。
それは
・外字
・中耳
・内耳
です。

外耳

外耳は目に見える耳介の部分から鼓膜までを言います。
耳介とはいわば周囲の音を拾い集めるパラボラアンテナのようなものです。
この次回のひだや突起などの凸凹しているのはこのためです、
そして鼓膜は
厚さ0.1mm
直径9mm
程度の小さな膜です。
この次回から鼓膜までを外耳道と呼ばれ、その長さは24~30mm前後です。
このパラボラアンテナみたいな耳介である目られた音は外耳道の通して入ってきます。
しかし、そのままでは脳に与える刺激が強すぎるので鼓膜がいったんそれを受け止めて振動を和らげます。

外耳の枠割は周囲の音を拾い集め鼓膜に伝え、そしてそれを適度に和らげることです。
この外耳に耳垢が溜まることで、聞こえにトラブルが起こることもあります。

中耳

鼓膜のすぐ内側が中耳です。
この中耳には荷g¥ん減の体内で最も小さな骨である「耳小骨」があります。
さらにこの最も体内で最も小さい骨である耳小骨も「ツチ骨」「キヌタ骨」「アブミ骨」という3つの骨に分けられます。
この中で外側のツチ骨が鼓膜と密着しており、鼓膜の振動を直接感知します。
この骨伝導によりきぬた骨、アブミ骨へと振動を増幅しながら伝えます。
なおこのアブミ骨は振動が大きすぎる場合には調節する働きがあり、このさらに奥にある内耳を守る役目もあります。

内耳

中耳
の奥が内耳です。
内耳にはカタツムリの殻のような機関「蝸牛」がありあmす。
蝸牛hあ渦巻き型汚骨で覆われた管で、その内側には「有毛細胞」がびっしりと並んでいます。
その内部は「リンパ液」でみたされてここから脳へと信号が伝わります。

いかがですか。
ただ耳といってもこれだけ精巧でデリケートな構造をしているのです。
みみ太郎 口コミ