視力回復トレーニングの「遠近体操法」と「遠方凝視法」

「ここのところかなり離れた場所の看板の文字がはっきりと認識できない」など視力の低下を感じることはありませんか?このページでは、メガネ・コンタクトレンズというような矯正以外のアプローチでどうにか視力のケアがしたいとしたいと思っている方に対して、そもそも視力回復トレーニングというのはどういったものか、それから視力回復トレーニングの分かりやすいアプローチについてかみ砕いて説明いたします。
このページでいうところの視力回復トレーニングというのは、眼球の筋肉をパワーアップすることによって視力の回復を目指すというもので、疲れ目や眼精疲労が気になってしょうがない人向けのアプローチです。ものを見るためには毛様体筋と外眼筋というような眼にある二つの筋肉の働きが肝心だと言えます。毛様体筋というのは、水晶体をアジャストしてピントをフィットさせる筋肉になります。外眼筋というのは、眼球を支えると同時に、眼を動かすときに使用する筋肉になります。こういった筋肉を意識的に運動させることによって緊張状態をほぐして、ピントがいい感じに合うようにすることこそが視力回復トレーニングの狙いとなるのです。

毛様体筋の主なトレーニング法には、かなり離れた場所と近くを代わる代わる見る「遠近体操法」と、かなり離れた場所の1点を見入る「遠方凝視法」の2つがあります。それから「マジカルアイ」と言われている特殊なフィルムを立体視するやり方も、毛様体筋を解きほぐす効果が期待できます。一方で、外眼筋トレーニング法というのは、2箇所以上のポイントを設定して視点を移動させる「視点移動法」がよく見られる方法です。
このページでは特別なアイテムなどがなくても手軽に出来る視力回復トレーニングのアプローチをご紹介いたします。いずれのトレーニングにしても、動きが悪くなってしまっている眼球の筋肉をほぐして、衰えている筋肉をパワーアップすることによって、眼球運動をスムーズにするというのが目的です。

アイパワー 無料モニター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です