乾燥肌の方が自己脱毛で気を付ける事

医療脱毛をやっていただくケースでは、気になってしょうがないことが敏感肌や乾燥肌の方です。
お肌へのストレスに弱い敏感肌や乾燥肌というのは、常日頃のスキンケアアイテムを利用することだって一苦労なんですが、刺激の強い医療脱毛を受けても良いのでしょうか。
それから、あり得ないことかもしれませんが医療脱毛を受けて肌トラブルが発症した時に、どんなふうにして対応すれば良いのでしょうか。
こういった心配や疑問を解決するため、敏感肌や乾燥肌の方が医療脱毛をどんなふうにしてしてもらえればうまく行くのかを整理しました。
敏感肌や乾燥肌にセルフメンテナンスはタブーです。
薄着のシーズンに対応したり、みずみずしい肌をキープし続けたりするためにも、要らない毛はできるだけケアしておきたいところです。そういった背景から、医療脱毛には行かず、おウチにいながらにしてカミソリやピンセットなどを利用してセルフメンテナンスする人も少なくないのです。

こういったアイテムを使用すると家の中でも手間をかけることなくムダ毛のセルフメンテナンスができることになりますが、敏感肌や乾燥肌の方についてセルフメンテナンスはタブーと言えます。
元を辿れば、敏感肌や乾燥肌じゃなくても、お肌にこれといってトラブルを抱えていないというような方だったとしても、セルフメンテナンスをするとお肌を傷つけてしまう以外に、埋没毛というようなトラブルが起きやすくなったりします。

さしあたって、シェーバー(カミソリ)を使用したセルフメンテナンスについてです。
広い範囲に亘る要らない毛をあっという間にメンテナンスできちゃいますが、そのぶんお肌を傷付けてしまうケースがあります。肌表面を傷つけると、そこから次に成長する毛が再生する皮膚にふさがれて「埋没毛」がもたらされるケースがある一方で、ポツンポツンとした毛穴が生まれたりしていきます。
ピンセットを使用すると、毛穴をお構い無しに拡大しながら毛を抜いてしまうことが要因となって、毛穴に雑菌が入ってしまう可能性があります。

ミラクリニック ライトプラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です