月別アーカイブ: 2022年8月

今は薬剤師の業務がどんどん拡大している時代

日本が少子高齢か、資源・エネルギー問題などに直面しているのはご存知の通りです。
そこでアベノミクスとして近未来に達成すべき社会像、成果指標、ライフスタイルの設定、戦略分野ごとの施策展開
などのロードマップが出されました。
そこにおいて健康医療分野でも大きな舵取りが変わったのです。
「戦略的市場創造」の筆頭に「国民の健康寿命の延伸」が取り上げられました。
これは治療もさることながら「予防」樋おう点も注目されています。
具体的には、
一般医薬品のインターネットでの販売の解禁
薬局を活用した健康情報拠点づくり
医療情報の利用活用推進と番号制度導入
などがありあmす。
これらは薬局業界にも大きな変化を求められるようになりました。

2014年のp「日本再興戦略」では、
医療介護の持続性と質の両立
健康増進と予防のインセンティブを高める
公的負担の低減と公的保険外の多様なヘルスケア産業の創出
も打ち出されました。

そのため「医師以外の薬剤師の役割も拡大され、電子処方箋・地域ほうkじゃつケアシステムなどの推進
スイッチOTC薬の推進があがっています。

医療の形も「病院完結型」から「地域完結型」へと変化を促すようになてきました。
これは、今後の社会保障制度を改革進める上で基本的なスタンスとして位置づけられ、薬局薬剤足業界大きな関心を寄せています。
ここで特に薬局薬剤師業界においては「大病院の外来規制」です。
これは医療機関の機能の分化・重点化・効率化の一環です。
中でも外来診療においては専門医療重視し、安易な受診を大病院では受けられなくなってきました。
一般外来は中小の病院や診療所が担うようになってきたのです。

病院の外来規制については200床以上の病院を受診した場合、初診料に加え各医療機関で設定された特別料金を徴収されるようになってしまいました。
2012年の診療報酬改定によって、特定機能病院や地域医療支援病院に患者は紹介状を持たずに受診した場合に病院側が受けとる初診料引き上げられ、その分は患者が負担することとなりました。
薬剤師 パート 扶養内

子どもの前で夫婦喧嘩をしてしまったら

子供の前で夫婦喧嘩をしてしまうと、子供に悪影響を与えてしまいます。もし思わず喧嘩をしてしまったら、あとでしっかり子供を慰めてあげることが大切です。

今日は、子供の前で夫婦喧嘩をしてしまった後に、親として何をすべきかを考えていきたいと思います。

喧嘩してすぐには難しいでしょうから、気持ちが落ち着いてからで大丈夫です。「ごめんね」「怖かったね」と子供を抱きしめながら、やさしく慰めてあげましょう。「お父さんとお母さん、仲良くするからね」と、子供の心配を取り除く言葉もかけてあげてください。

子どもによっては、「夫婦喧嘩の原因が自分にある」と思ってしまう子も多いようです。子供の理解は大人と違うので「○○ちゃんは、何も悪くないのよ」と、わかるように説明してあげてください。大切なことです。

「この子は平気そうだから大丈夫」と、夫婦喧嘩後に子どもをそのままにしてはいけません。一見大丈夫そうな子は、自分の本当の気持ちを外に出せないだけの場合があります。

そのような子も、しっかり慰めてあげてください。思いきり泣き出すことでしょう。泣くことによって、不安だった気持ちを外に吐き出すことができます。子どもの気が済むまで泣かせてあげてください。泣くことはストレス解消にもなるので、気持ちがスッキリします。

夫婦喧嘩後、お父さんとお母さんが冷静に考えられるようなったら、子どもの前で喧嘩はしないように話し合うことが大切です。子どもを慰める時には、お父さんとお母さんが一緒に慰めてください。一緒に、というところがポイントです。

そうすれば、子どもはより安心できるでしょう。子どもの前で、お父さんとお母さんが仲良くしているところを見せてあげると、子どもの不安は吹っ飛んでしまいます。

子どもにとって、お父さんとお母さんがいつも仲良く笑顔でいることが、一番の幸せなのです。親になったら子供の気持ちを自分の気持ちよりも優先してあげたいですね。
グロスティファイ 販売店

コラーゲンの効果

美容に関心のある人は、もれなくコラーゲンにも関心があるはずです。でも健康に関心のある人もコラーゲンのことをしっていなければなりません。今回はその両面からコラーゲンの効果について書いてみます。
ハディエント 販売店

まず、身体の中でも特に皮膚の中にコラーゲンがより多く含まれていることはよく知られていますね。その量は、日中の紫外線や環境によって変化しているということはご存じないかもしれません。

また年齢を重ねていくとコラーゲン自体の生成能力が衰えてきてしまうので、コラーゲンの生成よりコラーゲンを分解していく量の方が多くなります。それでコラーゲン自体が足りなくなってお肌の老化現象が引き起こされてくるのです。

老化現象とは、シミ、シワ、たるみなど、多くの女性を悩ませている現象です。コラーゲンが身体の中にたっぷりあるあるときは、血液、皮膚、骨、内臓などの機能が活性化したてます。

でも20代半ばを過ぎるとコラーゲン自体が低下してきますから、若さを保つには毎日コラーゲンを摂取し続けなければならなくなります。

コラーゲンの効果は美容はもちろんのことですが、骨や関節の形成を促したり、弱ってきた症状を緩和させたりという健康面にも深く関係があります。芸能人やモデルやスポーツ選手に人気の成分です。

コラーゲンを直接肌に塗り込むことで水分保持力を上げたり、外部からの肌への刺激も緩和されたりします。また効果はこれだけではありません。

・活力がみなぎってきた
・目覚めが良くなった
・便秘解消になった
・冷え症が治った
・生理不順が緩和された
・二日酔いしなくなった
・髪の毛や肌に艶とハリが出てきた

といった素晴らしい変化が期待できます。とはいえ、コラーゲンはお薬ではありませんから、速効性があると思ったら間違いです。食事と同じだと考えましょう。3ヶ月ほどコラーゲン摂取を続けると変化を感じる方が多いようです。

もう一度いいますが、お薬ではないので変化の感じ方には個人差があり、変化をほとんど感じないという方ももちろんいるわけです。期待し過ぎはよくないと思います。