お肌にシワができる理由

お化粧水や乳液、クリーム、美容液、数えきれないほど取り組んでみたけど、いまひとつ効果が感じられない…そういった40代、50代女性のみなさんのお肌のお悩みというのは、「枯渇」が理由に違いないのではありませんか。

枯渇肌というのは、表皮、真皮と言われているお肌の層ごとに見られる、みずみずしい肌に保っておくためのうるおい感やハリのある感じのモトが、枯渇してしまっているお肌のことのことです。
お肌をカサカサから守っている「天然保湿因子(NMF)」とか、お肌のハリのある感じや引き締まった感じをキープする「コラーゲン・エラスチン」が年齢を重ねれば重ねるほどお肌で作られにくくなってしまって、見る見るうちにカサカサ、シワ、たるみなどがたくさんできてくるというのが「枯渇肌」の習性のひとつです。

お肌の外側の表皮層でお肌をカサカサから守っているのが、天然保湿因子(NMF)になります。天然保湿因子というのは、お水と結合すると「ものすごく蒸発することが難しいお水」になって、お肌のカサカサを予防します。
天然保湿因子というのは、お肌のターンオーバーのさなかに形成されます。年齢を重ねれば重ねるほど、ターンオーバーのサイクルは長くなってしまうため、天然保湿因子が作り上げられるタイミングだって少なくなり、お肌が湿気が無くなってしまうことになるのです。

表皮を内部からサポートするベースとなる真皮の中では「線維芽細胞」がお肌の引き締まった感じを出すコラーゲンとか、ハリのある感じに保っておくエラスチン、うるおいを与えるヒアルロン酸を生み出しています。
そのキーになるところを握っている、ものすごく必要不可欠な細胞である線維芽細胞にしても、年齢を重ねれば重ねるほど個数が少なくなり、ベースがぐったりして表皮を支えられなくなってしまいます。
その結果として、お肌がいびつな形になって大きなシワができることになります。

ティレット 美顔器 返金保証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です