Butt のすべての投稿

驚くほど精巧でデリケートなのが耳の構造

耳ってどんな構造をしているのか?
あまり気にしたことがない方がほとんどでしょう。
実は耳って驚くほど成句でデリケートな構造をしているのです。
これがわからないと、「難聴」など「耳の聞こえ」の仕組みも分かり難くなります。

耳の構造は大きく3つ

耳には大きく3つに分類できあmす。
それは
・外字
・中耳
・内耳
です。

外耳

外耳は目に見える耳介の部分から鼓膜までを言います。
耳介とはいわば周囲の音を拾い集めるパラボラアンテナのようなものです。
この次回のひだや突起などの凸凹しているのはこのためです、
そして鼓膜は
厚さ0.1mm
直径9mm
程度の小さな膜です。
この次回から鼓膜までを外耳道と呼ばれ、その長さは24~30mm前後です。
このパラボラアンテナみたいな耳介である目られた音は外耳道の通して入ってきます。
しかし、そのままでは脳に与える刺激が強すぎるので鼓膜がいったんそれを受け止めて振動を和らげます。

外耳の枠割は周囲の音を拾い集め鼓膜に伝え、そしてそれを適度に和らげることです。
この外耳に耳垢が溜まることで、聞こえにトラブルが起こることもあります。

中耳

鼓膜のすぐ内側が中耳です。
この中耳には荷g¥ん減の体内で最も小さな骨である「耳小骨」があります。
さらにこの最も体内で最も小さい骨である耳小骨も「ツチ骨」「キヌタ骨」「アブミ骨」という3つの骨に分けられます。
この中で外側のツチ骨が鼓膜と密着しており、鼓膜の振動を直接感知します。
この骨伝導によりきぬた骨、アブミ骨へと振動を増幅しながら伝えます。
なおこのアブミ骨は振動が大きすぎる場合には調節する働きがあり、このさらに奥にある内耳を守る役目もあります。

内耳

中耳
の奥が内耳です。
内耳にはカタツムリの殻のような機関「蝸牛」がありあmす。
蝸牛hあ渦巻き型汚骨で覆われた管で、その内側には「有毛細胞」がびっしりと並んでいます。
その内部は「リンパ液」でみたされてここから脳へと信号が伝わります。

いかがですか。
ただ耳といってもこれだけ精巧でデリケートな構造をしているのです。
みみ太郎 口コミ

車中泊は誰でも気軽にできる旅のやり方

車中泊とはまさにクルマの中で宿泊することです。
ドライブやレジャーに出課kウェて、旅館やホテルに泊まらずに来るまで泊まる手段です。

その大きなメリットはお金がかからないことです。
旅行で大きな費用のウェイトをしめるのが宿泊費です。
その宿泊費がかからない車中泊は手軽にできる旅行たるゆえんです。

また最近では高速道路の通行料金も割引制度も整備されますます車中泊する人が増えてきています。

社ちゅはくは宿泊費用がゼロなので、そのぶん何度も出かけたり、予約の心配もする必要はありません。
宿泊費用が浮いた分を食事代やお土産代や現地で様々な楽しみ(温泉・アミューズメントなど)にまわすことができます。

さらに車中泊の魅力は
時間を有効的に使えること
です。

たとえば金曜日の夜に出発して目的地にまで息に到着する。
そいうすれば土曜日の早朝から予定していた行動に移ることができます。
これは「登山」「釣り」のために車中泊する人が多い理由です。
また帰宅はあえて渋滞を避けて、車中泊で睡眠をとってから深夜や早朝に帰宅することもできます。

両行先で疲れた体のまま運転することは居眠り運転にもつながり危険です。
車中の睡眠で十分に英気を養ってからなら帰りの運転も楽ちんです。

さらに車中泊の魅力はアクティブに動けることです。
目的地にたくさんの観光スポットがあり、たくさん見て回りたい場合はそのまま車で移動できるのは大助かりです。
レンタカーなら返すのも面倒ですし、その分を自由時間にも活用できます。、

車中泊ならではの
・経済性
・柔軟性
・機動性
をフル活用してみませんか?
新しいドライブやレジャーの形として車中泊を取り入れてみると行動範囲や出かける回数もグッと増えます。

またいつもの愛車の中で眠るというのは非日常性もあり、面白い体験でもあります。

車中泊にはh実用最低限の装備も必要ですし、どんな場所で車中泊するか?場補選びも重要です。
しかし、一度車中泊を始めると、わざわざホテルに宿泊したり予約をとるのが馬鹿らしくなってきますよ。

テント 車中泊 どっち